現代医療の発展と骨髄バンク

現代医療の発展と骨髄バンク

医療では、現在がんになると治りにくい病気であり、再発すると余命が少なくなるという、なんとも恐ろしい病気であることはわかります。
ドラマでもよく見ますがステージなどの初期、末期という言葉は聞きます。
抗がん剤治療とも聞きますが、末期の場合は骨髄バンクに適合した骨髄がもしあれば、助かるということです。

あとは骨髄バンクで適合しても、果たして提供して貰えるかどうかも鍵となりますよね。患者としてはどうなのでしょうか。抗がん剤治療は髪の毛もなくなり、口内炎もでき、精神的にも体力的にもボロボロになると思いますが、それでも治療を続けるのか。私でしたらそんなつらい治療をして生き延びるよりも、人間らしく余命宣告されれば1日1日を大事に思い残すことなく生きたいものです。

ベッドで寝たきりよりも思い出の場所、思い出の食べ物を食べ思い残すことなく生きたいものです。

骨髄バンクというものが実際にあっても何千万分の1でしか適合しないと聞いたことがあります。
確率的ではほぼ見つからないと言ってしまってもいいのでしょうか。やはりがんにならないためにも、食生活や運動が大事になってきますね。私の場合はコーヒーが大好きなので、1日3杯飲んでます。
あとから知りましたが、コーヒーもがんの防止に良いそうです。

隔世遺伝も聞いたことがありますが、なぜか父や母にがんがなった場合、その子供の孫にあたる人ががんになる確率があることも知りました。
今の現代医療ではがんも、もしかしたら完治できる領域に入ったそうです。

保険適用外なのでお値段は高いそうですが、放射線治療で治るかもしれないということが、わかったそうです。

それこそステージにもよると思いますが、骨までの転移ですとわかりませんが、初期や中期段階でまず放射線治療してがんを小さくしてから手術できるということも解明されています。

現代医療は少しずつ進歩していきますね。あと何年後にはがんという大病も完治できる可能性がどんどん広まりつつあることに、少なからず希望が溢れてきますね。早く初期段階でがんを見つけるためにも毎年の人間ドッグは必要不可欠なものになりそうです。

お勧めのサイト



Copyright(c) 2017 現代医療の発展と骨髄バンク All Rights Reserved.