現代医療の発展と骨髄バンク

医療での骨髄の移植について

医療関係で骨髄というと、すぐに頭に浮かぶのが、骨髄移植やドナーの話などです。

特に白血病の患者さんなどでは、その患者さんに合ったドナーがいれば、骨髄を移植して助かる可能性があるという話で、よくドラマや映画などでも題材にされて、だいたいそれらの映画やドラマもヒットするようです。

骨髄移植バンクというのがあり、そこに登録しておくと、血液型が合う場合には移植でき患者が助かるということですが、血縁でない人が適合する場合の可能性は大変低く、数百から数万分の1ということだそうです。

数万人に1人ということもあるということで、他人での骨髄移植は対象者を探すだけでも至難の業だということですね。また見つかっても相手が同意しないと始まらないので、他人にそこまでするのだろうかという疑問も浮かびます。

人工の誰にでも当てはまる骨髄液のようなものが、科学の進歩で生み出されるか、他の治療方法が開発されるまでは、他の人からの骨髄移植に頼るしかなく、それを待っている人たちもたくさんいるということですし、間に合わないこともあるということですので、何とか助けられる方法が開発されることを祈るばかりです。

手術の方法も患者にも大変負担になる方法で、致死量以上の抗癌剤を投与し、放射線を浴びせたりしながら、がん細胞を死滅させるのですが、そのままだと死んでしまいますので、必ず移植できないといけないという手術をするそうです。

その話を聞いただけでも怖いですが、そうしながら命が助かってゆくということなのですね。

お勧めのサイト

  • こちらの歯科医院では見えない矯正装置を使用しています。


Copyright(c) 2017 現代医療の発展と骨髄バンク All Rights Reserved.