現代医療の発展と骨髄バンク

骨髄移植と医療及び後遺症

運良くドナーが見つかり、厳しい手術もうまくいって、快方に向かう場合でも、まだ気が抜けないようで、どのがんなどでも起こる再発という危険も待っているようです。

骨髄移植でがん細胞を死滅させて、移植できたとしても、発症した理由が解決されていないと、また再発する可能性が高いということになります。
事実そういうことは多いそうで、また苦しまなければならないということになるようです。

また本来患者の体に大きな負担がかかる手術の方法なので、とくに放射能治療の場合は、子供だと発育障害が残る場合もあるそうです。

この前の大震災でも原発の問題で放射能のことがとても議論されましたし、今もそうですが、放射能の種類は違うのでしょうが、やはり体への負担は大きいのでしょう。

また成人の男女でも不妊という場合が多くあるそうで、放射能治療の後遺症ではよく聞くもののようです。

その対処法として男性の場合は精子を予め保存しておく方法や女性の場合は卵巣自体を放射線から遮断する方法もあるのだそうです。

しかし不妊ばかりではなく、他の臓器や肢体にも大きな負担がかかるでしょうから、なかなか厄介な病気ではあります。
できるならば医療の進歩でもっと負担のかからない方法を見つけてほしいものですね。またその患者さんの個体そのものの特性などもあるでしょうから、結局治療してみて結果を見るしかないのは、難病の共通の課題でしょう。実際そのようなことも色々起きてくる場合も多いそうです。

お勧めのサイト



Copyright(c) 2017 現代医療の発展と骨髄バンク All Rights Reserved.