現代医療の発展と骨髄バンク

医療での骨髄検査の事情

骨髄の病気といえば誰でも白血病を思い起こしますが、他にもいろいろな病気があるようで、医療としての対処方法は、まず骨髄検査をするそうです。

問診などをおこないながら、もう医者としては大体予想している場合も多いようですが、その確証と状態を確認するために骨髄検査をするようです。

骨髄検査でわかる病気としては、先程も書きました白血病や骨髄リンパ腫、悪性貧血、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、本態性血小板血症等々ですが、骨髄検査というのは、骨髄の中の空洞部分に詰まっているゼリー状の液体を取り出して検査することで、ここは血液を作る源の働きをするところということになります。
白血球、赤血球、血小板が血液ということになります。

成人になった場合は、その骨髄が一番豊富にあるところは、腸骨、胸骨などだそうでそこから骨髄液を摂取して調べることになります。
造血としての一番活発なところですね。この検査は造血の確認の検査で白血病や悪性リンパ種の証拠が見つかるところですし、血液の生産異常がないかなども調べたりします。
この検査をすればおおよそのことはわかるということですね。他にもいろいろな検査を経てきますので、これだけではないのですが、その後に病気が何であるかを確定して、治療に入るということになます。
またその病名がわかっても必ずしも手術するというわけではなく、薬物治療だけの場合やそれでコントロールできる場合もあれば、手術の場合もあるということでう。

お勧めのサイト



Copyright(c) 2017 現代医療の発展と骨髄バンク All Rights Reserved.